カウントダウンジャパン18/19で見るべきオススメバンドまとめ|オススメ曲も合わせて掲載

カウントダウンジャパン18/19

邦楽ロック案内人のアキラ(@akirarockj)です。

年末の風物詩カウントダウンジャパンの季節がやってきました。

フェスに行くと、絶対に無理だとわかっていても全てのアーティストを見たいと思ってしまいますよね。

どうにかなりませんか。無理ですね(笑)

そう、全部のアーティストを見るのは無理なので見たいアーティストを絞らなければいけません。

今回は、「COUNTDOWN JAPAN 18/19」でぜひ見てもらいたいオススメバンド・アーティストをオススメ曲と一緒にまとめます。

参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

2018年12月28日

BUMP OF CHICKENが「COUNTDOWN JAPAN 15/16」以来、3年ぶり2度目のカウントダウン出演となる2018年12月28日に見ておきたいバンド・アーティストです。

あいみょん『生きていたんだよな』

女性版amazarashi。
リアルで胸をえぐる歌詞と圧倒的なボーカルで人気急上昇中のソロアーティスト。

amazarashi好きとしてチェックしておきたいです。

おいしくるメロンパン『あの秋とスクールデイズ』

軽快なリズムとキャッチーなメロディーで注目のバンド。ノリのいいPeople In The Boxという印象。
バンド名がすごい(笑)

ハルカミライ『カントリーロード』

このブログでも何度か登場しているハルカミライ。
注目度が増している青春ロックバンドです。

BUMP OF CHICKEN『話がしたいよ』

今や日本の邦楽バンドで人気トップクラスのモンスターバンド。
最新曲で映画『億男』の主題歌『話がしたいよ』はぜひ生で聞いてみたいですね。

きっと歌詞変えで素敵なライブになるでしょう。

Hump Back『拝啓、少年よ』

こちらもこのブログで何度か登場していて、僕が2018年一番推したバンドです。
チャットモンチー好きな女子はほぼ確実にハマってくれました。

2019年、さらなる飛躍が期待されるバンドです。ぜひ今のうちにチェックしてみてください。

Mrs. GREEN APPLE『StaRt』

今、10代に最も人気があるバンドといっても過言ではないMrs. GREEN APPLE。
今年はタイアップも多く、さらなる飛躍を遂げた1年だったのではないでしょうか。

若手バンドの中でも頭一つ飛び抜けた存在だと思います。

ヤバイTシャツ屋さん『ハッピーウェディング前ソング』

ヤバT、今年もすごかった。
よくわからないけど、すごいバンド、ヤバT。どんな存在か、しっかり目に焼き付けたいです。

同日に盟友・岡崎体育も出演するのでコラボを期待したいですね。

スポンサーリンク

2018年12月29日

くるり、9mm Parabellum Bullet、KICK THE CAN CREWと30代以上には魅力的なラインナップの2018年12月29日。
他にも、MUCC、Lynch.などヴィジュアル系バンドも出演。

[ALEXANDROS]『明日、また』

[Champagne](シャンペイン)時代にライブを見たことがあるんですけど、その時に比べて今は圧倒的にカッコいいですね。
いつの間にか2010年代のバンドの中でもトップクラスの人気バンドになった[ALEXANDROS]はぜひともチェックしておきたいところ。

Xmas Eileen『Wake up My friend』

見た目は怖いですが楽曲のレベルは高いです。

Fear, and Loathing in Las Vegasなどのラウド系バンドが好きな方はチェックして損はないと思います。

スポンサーリンク

2018年12月30日

ASIAN KUNG-FU GENERATION、ACIDMAN、UNISON SQUARE GARDENなどのベテランバンドが出演する2018年12月30日。

amazarashi『空に歌えば』

タイアップが多かった2018年はより一般に向けた大衆的なメロディーと歌詞に迎合したamazarashi。
フロントマン・秋田ひろむのすごさをさらに知った1年でした。

THE ORAL CIGARETTES『狂乱 Hey Kids!!』

2018年6月にリリースした4th Album「Kisses and Kills」でオリコンチャート1位を獲得した人気バンド。

2010年代を代表するバンドに成長してきている彼らのライブは見逃せない。

SIX LOUNGE『メリールー』

大分発のスリーピースロックバンド。
無骨なロックンロールを演奏するカッコイイバンドです。

ブログではまだ取り上げていませんが、YouTubeでよく聞いています。

sumika『ふっかつのじゅもん』

2018年にメジャーデビューしたことで一気にタイアップが増えた人気バンド。
ポップでキャッチーなロックが魅力的です。わかりやすく、聞きやすいので1回聞けばすぐにハマれます。

never young beach『あまり行かない喫茶店で』

ポップロック好きにはぜひチェックしてもらいたいバンド。
ヴォーカルが高橋一生の弟さん。

BIGMAMA『Strawberry Feels』

2018年についにメジャーデビューしたインディーズ界の大物バンド。
ヴァイオリン×ロックという唯一無二のバンドですね。

ライブもカッコいいのでぜひ。

スポンサーリンク

2018年12月31日〜2019年1月1日

年をまたいで半日以上ライブが行われるため出演するバンドが他の日に比べて多くなります。

たくさんのバンドのライブを見ることができます。

Official髭男dism『FIRE GROUND』

バンド名・Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)の通り、ダンディーでかっこいい曲を演奏するバンド。

メロディーも歌もカッコ良すぎる唯一無二のバンドです。

これ、一気に売れちゃう。2019年に売れるバンド筆頭ですね。

今のうちにチェックしておきましょう。

04 Limited Sazabys『Milestone』

2010年後半にメキメキと力をつけて来た今もっと勢いのあるバンド。

ノリのいいロックでライブは120%盛り上がるでしょう。絶対に見ておきたいバンドです。

ポルカドットスティングレイ『テレキャスター・ストライプ』

2017年末にメジャーデビュー、2018年に一気に知名度を上げた注目のバンド。

バンドの中心人物・雫の癖のあるボーカルとメロディーにはまってしまいます。

チェックしておきたいバンドですね。

yonige『アボカド』

チャットモンチー活動休止後のガールズバンド界を担いそうなツーピースガールズバンド。

Hump Backと共にチェックしておきたいバンドですね。

夜の本気ダンス『Magical Feelin’』

2010年代の邦楽ロックのトレンドである「四つ打ちダンスロック」のど真ん中を突き進むバンド。

メジャーデビュー後はポップス性も増して聞きやすいキャッチーな曲もリリースするなど楽曲の幅が出て来ました。

ライブはめちゃくちゃ盛り上がるのすごく楽しいです。

スポンサーリンク

まとめ

カウントダウンジャパン18/19に出演するアーティストでぜひこのタイミングでライブを見てもらいたいオススメのバンドをピックアップしました。

ぜひ、ライブを見るチャンスがあれば参加してみてください!

それでは、最高の年末年始を過ごしましょう。