UNISON SQUARE GARDENとかいうアニメタイアップの時だけ本気出すバンド

邦楽ロック案内人・アキラ(@akirarockj)です。

アニメ、好きですか?

最近は3ヶ月ごとにアニメがたくさん始まるから追いかけるのが大変ですね。
それでも気になるアニメや面白いアニメがあると思うとついつい観てしまいますけど(笑)

現在のアニメ人気を支える大きな要素としてオープニングやエンディング、劇中曲が挙げられます。
曲の良さから人気になるアニメも出てきたり、音楽を全面に押し出すアニメも増えてきていますね。

ロックとバトル作品や青春群像作品などの相性が最高なので、邦楽ロックバンドがアニメに曲を提供する機会も増えてきているように感じます。

そんなロックバントとアニソンタイアップと聞いて注目されているバンドがUNISON SQUARE GARDEN

世間的にはアニソンバンドとして定着してるんじゃないかと思うくらいアニメとタイアップした時の売り上げが凄まじいバンドです。

スポンサーリンク

UNISON SQUARE GARDEN

ヴォーカル&ギター:斎藤宏介
ベース:田淵智也
ドラム:鈴木貴雄

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)はヴォーカル&ギター・斎藤宏介、ベース・田淵智也、ドラム・鈴木貴雄の3ピースバンド。
2008年にトイズファクトリーからメジャーデビューしました。

ミスチル、バンプなど今の邦楽ロック界のトップが多数所属しているレーベルですね。

ユニゾンへの期待感はデビュー当時からすごかったです。

3ピースとは思えない高い演奏力とヴォーカル・斎藤宏介の伸びのある歌声、文学性のある歌詞で邦楽ロックど真ん中のすごいバンドが出てきたと思い夢中で聞いていました。

インディーズの頃にリリースしたミニアルバム『新世界ノート』『流星前夜』はもちろん名盤ですが、メジャーでリリースした1st Album『UNISON SQUARE GARDEN』はマジで名盤なので聞いてください。

UNISON SQUARE GARDENを聞いたとき、2010年代の邦楽ロックシーンを引っ張っていくであろうバンドが出てきたと思いました。

スポンサーリンク

1st Album『UNISON SQUARE GARDEN』

【収録曲】

  1. カラクリカルカレ
  2. センチメンタルピリオド
  3. サンポサキマイライフ
  4. デイライ協奏楽団
  5. 等身大の地球
  6. MR.アンディ -party style-
  7. WINDOW開ける
  8. マスターボリューム
  9. いつかの少年
  10. 箱庭ロック・ショー
  11. クローバー

1st Album『UNISON SQUARE GARDEN』のおすすめ曲を載せておくのぜひ聞いてください。

UNISON SQUARE GARDEN『センチメンタルピリオド』 Music Video

UNISON SQUARE GARDENのメジャーデビューシングル。こんな曲でメジャーデビューされたら期待しない方が無理。完成度が高い。

UNISON SQUARE GARDEN『マスターボリューム』 Music Video

ユニゾンの2nd Single。2000年代の邦楽ロックバンドですって感じの曲。今聞いても心が踊る。

UNISON SQUARE GARDEN『サンポサキマイライフ』 Live Ver.

アルバム『UNISON SQUARE GARDEN』で一番好きだった曲。アルバム曲でMVがないのでライブバージョンを貼っておきます。

スポンサーリンク

なかなか売れない、UNISON SQUARE GARDEN

1st Album『UNISON SQUARE GARDEN』、その後リリースされる3rd Single『cody beats』、2nd Album『JET CO.』など精力的に素晴らしい曲をリリースしていくが・・・当時はぶっちゃけ売れていませんでした

『cody beats』とかめちゃくちゃ好きでしたねー。
でも、周りで知ってる人は少なかった。

「おいおい、みんなユニゾン聞かない?すごくいいバンドだよ??」

って感じでしたね。

ただ、友人に聞いたところ、いい曲なんだけどハッキリ言えば特徴がない、普通のバントという印象だったらしい。

UNISON SQUARE GARDEN『cody beats』 Music Video

たしかに、ここまで聞いなんとなく感じるのは、サビの盛り上がり方とか大好きなんだけど、正直どの曲も似ています。

曲の完成度は高いし、いい曲なんだけど、例えばバンプの『天体観測』みたいに突き抜ける曲がありませんでした。

優等生でいい子なんだけど、なんか物足りない、そんな感じ。

そんな中、UNISON SQUARE GARDENがブレイクするきっかけになったのが初のアニメタイアップ曲『オリオンをなぞる』です。

スポンサーリンク

アニメタイアップで大ブレイク、UNISON SQUARE GARDEN

『オリオンをなぞる』は大ヒットアニメ『TIGER & BUNNY』のオープニングテーマでした。

『TIGER & BUNNY』は特殊能力者がヒーローとして街を守っている都市を舞台に、特殊能力で悪事を働く敵と戦うバトルアニメです。

面白いので、観たことがない人はぜひ観てください。

UNISON SQUARE GARDEN『オリオンをなぞる』

アニメと人気の上昇とともに爽やかでノリいい『オリオンをなぞる』も大ヒット。

冒頭に書きましたが、バトルアニメと疾走感のあるロックナンバーの相乗効果ってすごいと思います。

アニメのオープニングを見るとCDで聞くよりも何倍も素晴らしい曲に聞こえるんですよね。

このアニメタイアップで何かを突き抜ける感じがしました。

タイアップってすごい。

UNISON SQUARE GARDEN『オリオンをなぞる』 Live Ver.

めっちゃ盛り上がってるし歓声も上がってる。これぞ人気バンド。

『サンポサキマイライフ』のライブとはえらい違い。ユニゾン、売れてよかった

スポンサーリンク

その後もアニメタイアップで成功、UNISON SQUARE GARDEN

このままいけばタイバニのオープニングの一発屋で終わるところでしたが、続いてもアニメタイアップで大ヒット曲をだします。

アニメ『血界戦線』のエンディングテーマ『シュガーソングとビターステップ』です。
ちなみにオープニングはBUMP OF CHICKENの『Hello, world!』でした。

UNISON SQUARE GARDEN『シュガーソングとビターステップ』

跳ねるような楽しいリズムで今にも踊りだしたくなる曲。この曲に合わせてエンディングでアニメキャラたちが不器用そうに踊っていました。

この曲もアニメと共に大ヒット。

バンプの『Hello, world!』もすっごくいい曲だったけど、それ以上に話題になっていましたね。

アニソンでヒットを出したおかげか、ユニゾンの曲の作詞作曲を手がける田淵さんはアニメへの楽曲提供や声優への楽曲提供なども行うようになった。

アニメタイアップ、マジですごいな。

最近では2017年夏アニメ『ボールルームへようこそ』のオーブニングを担当してます。

UNISON SQUARE GARDEN『10% roll, 10% romance』

これがまたいい曲。

『ボールルームへようこそ』は社交ダンスをテーマにした作品なのです。

アニメに合わせるようにダンスがしたくなる軽快なリズムで、オーブニングにぴったりの疾走感がたまらないですね。

アニメタイアップの時、本気出しすぎです。UNISON SQUARE GARDEN。

スポンサーリンク

UNISON SQUARE GARDEN×アニソン=ヒット曲

UNISON SQUARE GARDEN×アニソン=ヒット曲

という法則はこれまでも素晴らしい曲を作っていましたが、あまり有名ではないUNISON SQUARE GARDENというバンドがアニメタイアップで良曲を連発したとイメージからくるものでした。

ただ、『ボールルームへようこそ』あたりから、これまでほど騒がれていないというか、世間にUNISON SQUARE GARDENが認知されている感がありますね。

要するに、UNISON SQUARE GARDENは売れ線のバンドになったということ。

アニメタイアップの一発屋にならなくて本当に良かった。

そして、アニメタイアップがきっかけなのかは分からないが、明らかに田淵さんの作曲の幅が広がってきていると思います。

『10% roll, 10% romance』を聞いた時にまた新しいユニゾンの一面を見た気がしました。着実にレベルアップしていますね。

ユニゾンはアニメタイアップじゃなくてもいい曲がいっぱいあるし、これからのユニゾンにもますます期待が持てます。

これからもしっかり追いかけていこうと思うバンドです。

スポンサーリンク

余談:田淵が画面にいないと売れる説

ユニゾンのベース・田淵さんはそのパフォーマンス姿がぶっ飛んでいることで有名です。

ベースを引く時暴れるようにステージを転げ回るし、アップになると顔怖いし、目線怖いし、なんか呪いかけられそうだし。

アニソンだとアニメの絵でユニゾンの曲が流れるわけで。

田淵氏は出てこないわけで。

あれ、ということ田淵氏がMVに出ない方が売れるんじゃね?

でも田淵さんが大人しくしてたら「田淵さんどうしたの?」ってなるからやっぱり動き回っててほしい。

ごめんなさい、最後のこれは蛇足でした(笑)