注目の若手バンド・眩暈SIRENが新曲『ジェンガ』のMusic Videoを公開

今、最も注目している若手バンド・眩暈SIRENが新曲『ジェンガ』のMusic Videoを公開した。
邦楽ロックファンは絶対に見逃してはいけないバンドだ。ぜひ過去の曲も合わせて聞いてみて欲しい。

スポンサーリンク

眩暈SIREN『ジェンガ』 Music Video

眩暈SIREN(メマイ サイレン)はamazarashiのようなちょっと暗めだが独特の世界観のある歌詞やメロディー、Fear, and Loathing in Las Vegasをはじめとして、2010年代の一大勢力となっているシンセサイザーを取り入れたトランスっぽい曲構成が魅力のバンド。
こういう言い方をすると語弊があるかもしれないけど、2000年代〜2010年代の売れているバンドの要素のいいところを取ってきて合体させたようなバンドだ。故に、邦楽ロックファンは絶対に好きになるバンドだと思っている。

新曲『ジェンガ』も疾走感のあるギターロックサウンドにピアノの音を乗せてメロディーに深みを与えている。サビも盛り上がるので、きっと好きになる人は多いのではないだろうか。

個人的には歌詞の言葉の選び方が最近はどことなくamazarashiに似てきているように感じている。ただ、歌声がamazarashiの秋田ひろむ氏と違いクリアで高く透き通った声をしているので曲がamazarashiっぽいわけではない。あくまでも似ている、通じるものがあると感じるのは歌詞の言葉のチョイスや雰囲気だ。
クリアヴォイスとデスヴォイスの掛け合いはテンションが上がる。これも2010年代の人気のあるバンドがよく取り入れている構成だ。

このように、2010年代に売れている、売れるバンドの要素をしっかりと持ったバンドだ。
今後、フェスやCDショップなどで目にする機会が増えるのではないかと個人的には期待している。

新曲『ジェンガ』は配信のみでのリリースなので、気に入った方はiTunesやレコチョクで購入しよう。

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/artist/%E7%9C%A9%E6%9A%88siren/id1270979390

レコチョク
https://recochoku.jp/song/S1005547551/