パスピエがMini Album「OTONARIさん」収録曲のMVを3本公開!パスピエの行く末は・・・

パスピエが2017年10月18日発売のNew Mini Album「OTONARIさん」に収録されている『音の鳴る方へ』『あかつき』『(dis)communication』のMusic Videoを公開!
これまでのパスピエのイメージを一新するような曲でちょっと困惑。でも聞いてるとクセになってくる。

スポンサーリンク

パスピエ

パスピエはヴォーカル・大胡田なつき、ギター・三澤勝洸、ベース・露崎義邦、キーボード・成田ハネダの4人組バンド。元々はドラム・やおたくやを含む5人組バンドだったが2017年5月に脱退したため現在は4人組バンドとして活動している。

パスピエはカウンドダウンジャパンでライブを見てから好きになって聞くようになった。
大胡田の一癖ある歌声と和のテイスト取り入れた頭をリフレインするメロディーにハマった。

好きな曲を何曲か挙げておく。いい曲だから聞いて見て欲しい。

パスピエ『贅沢ないいわけ』

サビが最高。頭から離れない。じれったい。そして一緒にクラップしちゃう。ライブで聞いてすぐに好きになった。

パスピエ『トキノワ』

NHKで放送されていたアニメ「境界のRINNE」のエンディングテーマとして起用されていた。
ポップ感といいサビの盛り上がりといいとても心地よい曲だ。

大胡田の高音の歌声ってキンキンしているようでなぜか心地よく聞こえる不思議な歌声。
あんまり女性ボーカルの高音って得意じゃないんだけど大胡田の歌声は好みだ。

パスピエ『とおりゃんせ』

ちょっと怪しげな和のテイストを取り込んだ曲。
パスピエといえば個人的にはこういう和を取り入れた曲を作るイメージが強い。

パスピエ『永すぎた春』

これもサビが最高。
和のテイスト、大胡田の高音、パスピエの曲を最大限楽しむことができる曲だ。

他にもいい曲はいっぱいあるから聞いて欲しい。
このように、パスピエと言えば和のテイスト、大胡田の高音、頭に残るメロディーが持ち味のバンドだと思っている。
これを踏まえてMini Album「OTONARIさん」の収録曲を聞いてみよう。

スポンサーリンク

New Mini Album「OTONARIさん」

  1. 音の鳴る方へ
  2. あかつき
  3. EVE
  4. (dis)communication
  5. ポオトレイト
  6. 正しいままではいられない

2017年10月18日に発売。赤くした『音の鳴る方へ』『あかつき』『(dis)communication』の3曲のMVが公開されている。
どの曲もこれまでのパスピエ像をぶっ壊すような曲ばかりだ。

良く言えばこれまでのパスピエのイメージを覆すような挑戦的なアルバム、悪く言えばこれまでのパスピエの曲が好きな人には受け入れるのに時間のかかるアルバムだ。

パスピエ『音の鳴る方へ』

ベースが最高にカッコいい曲。これがアルバムの1曲目。
いきなりこれまでのパスピエでは聞いたことがないような曲だ。これをどう受け止めるか。それは聞いたあなた次第だ。

パスピエ『あかつき』

公開されている3曲のMVの中では一番これまでのパスピエのイメージを想起させる曲。
イントロやメロディー、音の作り方とかはこれまでのパスピエなんだけど、大胡田の歌声が普通。普通すぎるんだ。サビではもっとキンキンした声を聞かせて欲しいのに・・・と思う。

パスピエの良さが出そうであまり出てない、ちょっと消化不良な曲という印象だ。

パスピエ『(dis)communication』

これもどう評価していいか分からない。
大胡田の声を思いっきり加工しているのでこれも好き嫌い分かれそう。

個人的にはこれはありでした。結局はクセのある大胡田の歌声が聞きたいからこんなに耳に残る歌声ならありなんだと思ってしまった。
あとシンセを取り入れたちょっとセツナ系のこういうメロディーが大好きなのでこの曲はツボだった。

アルバムを買ってきたので聞いているが本当にこれまでのパスピエっぽいというような曲が1曲もなかった。
最初に好きな曲として挙げた『贅沢ないいわけ』『トキノワ』『とおりゃんせ』『永すぎた春』っぽい曲を聞きたくてアルバムを聞くとほぼ確実に肩透かしを食うと思う。

それでも、メンバー脱退後に新しいパスピエ像を作ろうとするバンドとしての姿勢はすごいと思う。
実際に最初聞いた時はイメージにない曲ばっかりで微妙なアルバムかなって思ったけど、『(dis)communication』を始めとしてだんだんとクセになる曲が出てきた。

もうしばらく聞いてみたら感想まとめます。

バンドって同じことしてても飽きられるし、180度違うことやると変わったと言われて離れていくし、ほんと大変で難しいですね。では。