【レビュー】amazarashi New Single『空に歌えば』(初回限定盤A)の感想

2017年9月6日に発売されたamazarashiの新譜『空に歌えば』のレビューになります。初回限定盤A、B、通常盤の3形態のリリースで私が購入した「初回限定盤A」のレビューになります。

スポンサーリンク

amazarashi New Single『空に歌えば』(初回限定盤A)

CD

  1. 空に歌えば
  2. 月光、街を焼く
  3. たられば
  4. たられば -acoustic ver.-
  5. 空に歌えば -instrumental-

DVD

  1. ヨクト (amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」at Nakano Sunplaza 6.23)
  2. 少年少女 (amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」at Nakano Sunplaza 6.23)
  3. 命にふさわしい (amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」at Nakano Sunplaza 6.23)
  4. TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」ノンクレジットオープニングムービー

『空に歌えば』(初回限定盤A)(All for One盤)はCDに加えてライブ映像とTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」ノンクレジットオープニングムービーを収録したDVD、「All for One」とプリントされたラバーバンドが付いてきます。
『空に歌えば』(初回限定盤B)(One for All盤)はCDと「One for All」とプリントされたラバーバンドが付いてきます。通常盤はCDのみです。
CDの収録曲は3形態とも同じです。

私はライブ映像が見たかったので(初回限定盤A)を購入しました。
それでは各曲とライブDVDの感想です。

空に歌えば

今年聞いた中で最も好きな曲かもしれない。それほどまでにハマっている。
amazarashiの曲としては”売れ線”と感じてしまう疾走感のあるロックナンバーだが、やはりそこはamazarashi。歌詞が、歌詞が素晴らしい。
ぜひとも詩を味わってほしい。

amazarashi「空に歌えば」:歌詞

インタビューなどでも秋田氏が話しているがamazarashiという雨に打たれているバンドが雨上がりの歌を歌うというある種矛盾を孕んだような歌詞になっているが、曇天を切り裂くような、絶望の中に生まれる希望の光のような素晴らしい歌詞だ。

特に、曲の後半のポエトリーリーディングの部分からが特に聞き所で、最後には晴れた青空に向けて思いっきり拳を掲げて声を張り上げたくなる。

あとはキーボート・豊川のコーラスや歌声が素晴らしい。どうしても重たくなりがちな秋田の歌声の中で爽やかな風を吹かせている。絶妙なバランスだ。

今年ナンバーワンの邦楽ロック曲として堂々と推薦したい。

月光、街を焼く

2曲目は前半がポエトリーリーディングで秋田が淡々と歌詞を語り歌い、後半はどんよりとした重いメロディーで歌詞を伝えてくる曲。
アルバムの間などに収録されていそうなつなぎの曲。

「空に歌えば」がこれまでのamazarashiのイメージにない曲だとすれば「月光、街を焼く」は実にamazarashiらしい曲と言えるだろう。

たられば

「〜だったら」「〜してれば」などの”たられば”を題材にした曲。
歌詞はいわゆる妄想で自分がこうだったらこうするのにという思いを歌にした曲。ただ、その妄想とも言える”たられば”の中に紛れ込む秋田の本音やメッセージが詰まっている曲。
バラード調の語りかけるようなメロディーでじっくりと聞かせてくれる。

たられば -acoustic ver.-

3曲目の「たられば」はバンド演奏で、4曲目の「たられば」はアコースティックバージョンになっている。
バンド演奏だとキラキラした感じが出ていて「あくまでも空想・妄想の世界を歌ってます」というイメージで聞いていたが、アコースティック演奏だと、途端に秋田の生々しい歌声がダイレクトに届いてきて「たられば」で歌っている空想・妄想の世界が本当は実現できるのではないか?という感覚になる。より歌詞やメッセージを味わうことができるだろう。

空に歌えば -instrumental-

5曲目は「空に歌えば」のインストゥルメンタル。バンドでこんな風に演奏しているのかというのが楽しめる。
まぁ、でも歌詞があったほうがいいよね。amazarahiは歌詞を味わってこそ。

初回限定盤A DVD

2017年6月23日に行われたamazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」at Nakano Sunplazaのライブから3曲が収録されている。
特にピンライトを当てられてアコースティックギター1本で歌い上げる「命にふさわしい」の熱量がすごかった。

amazarashiのライブは実際に目の前で歌っているので、秋田の歌声や歌詞をCDやパソコンで聞くよりも力強く心臓を鷲掴みにするように響いてくる。
ライブ映像を見るとやっぱり生の歌声を聴きたくなってくる。

TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」ノンクレジットオープニングムービーもカッコよかった。ヒロアカ好きな人は買って損はないと思う映像になっている。

スポンサーリンク

まとめ

amazarashiの新譜『空に歌えば』のレビューでした。
『空に歌えば』がほんと良すぎて1日中聞いている。邦楽ロック好きど真ん中の疾走感のあるロックナンバーで歌詞も素晴らしいのでメロディーも歌詞もじっくりと味って欲しい!