tacica「煌々」はカーニバル・祝祭を感じるカントリーロック【おすすめの1曲】

tacica

邦楽ロック案内人・アキラ(@akirarockj)です。

tacicaが新しいモードに入ってきました。

これまではギターロックバンドのイメージが強かったのですが、アコギを使った柔らかいロックナンバーが増えてきています。

2018年8月に公開された『煌々』もアコギを使ったロックナンバー。

温かさや安心感を感じる新しいtacicaの一面をみることができる曲です。

何度もいているカーニバル・祝祭を感じるメロディーと伸びやかな猪狩さんのボーカルが心地よすぎる。

ぜひ、多くの人に聞いて欲しい1曲。

スポンサーリンク

tacica『煌々』 Music Video

曲名の読み方は『煌々(こうこう)』でしょうか。歌詞でも『煌々(こうこう)』と歌っているのでおそらくあっていると思います。

『煌々(こうこう)』は「きらきらとひかり輝くさま。」を表す言葉です。

Music Videoの後半のキラキラ輝く太陽の光が曲とマッチしていますね。

曲はアコースティックギターの柔らかな音色とそれを支えるベースの音が印象的です。

tacicaはエレキギターをかき鳴らすロックなイメージが強いのですが、『煌々』はカーニバル・祝祭を感じる音作りになっていてどこかお祭りで踊りながら幸せを感じるようなイメージが湧いてきます。

カントリーロックっぽい曲も猪狩さんの伸びやかなボーカル似合うなぁとしみじみ感じております。

tacicaは新しいモードに入ってきているのでしょう。曲の幅が広がってきていますね!

最初聞いた時は少し物足りなかなと思ったのですが、聞けば聞くほど味が出てくる曲です。

徐々に盛り上がって後半に曲の絶頂を迎えるのがたまらない。最高です。

歌詞も前向きで生きる力をくれる内容だと思います。

やっぱり、tacicaはいいバンドですね!

正直、もっと売れていいと思う。

ネットの反応

  • すごく好き。何回も聴いてる。
  • あれれ?あれれ?涙が~涙が止まらん‼
  • イントロめっちゃ好きだ…
  • 歌詞がこれぞってばかりにtacica
  • 歌詞とかメロディがだいぶ分かりやすくなったな
  • 今までのtacicaに新しい爽やかな風が吹いた感じ。
  • 今回もひとつひとつの言葉、ひとつひとつの音が心に染み入りました。最高に好きです!
  • tacicaの曲であることに変わりはないが、どこかに何か変わったような新しさを感じる
  • 曲めっちゃ爽やかで良いし、雑多な日常の中にあるふとした美しさを強調させるMVがすんごい好き。
  • 変わって行くけど変わってなくて本当に好き 素晴らしすぎる 最高だ…

引用:https://www.youtube.com/watch?v=m0IHmRNZBqc

スポンサーリンク

tacica シングル『煌々』

煌々/ホワイトランド(初回生産限定盤)
  1. 煌々
  2. ホワイトランド
  3. acaci-a (TOUR2018 “三大博物館 ~静と動の邂逅~”@マイナビBLITZ赤坂)
  4. Co.star (TOUR2018 “三大博物館 ~静と動の邂逅~”@マイナビBLITZ赤坂)

前作「ordinary day/SUNNY」からの続編

シングルとしては約2年ぶりとなる作品「ordinary day/SUNNY」リリースをしたtacica。この続編となる両A面シングルをリリース。ありふれた日々、心象風景を綴った2曲は9/28から開催する全国ツアーの幕開けを告げる2曲となる。初回盤には2018年春開催「三大博物館 ~静と動の邂逅~」から”acaci-a”,”Co.star”のライブ音源を収録。

2018年9月12日発売のシングルです。

今回ご紹介した『煌々』と『ホワイトランド』の両A面シングルで、前作からの続編なんですね。

2018年9月28日からツアーも始まるのでこちらも注目です。

初回盤にはライブ音源が2曲収録されます。通常盤とほとんど値段が変わらないので買うなら初回盤がオススメです。