mol-74『▷ (Saisei)』の凛とした透明感がすごい|Music Videoのリピート再生不可避

邦楽ロック案内人・アキラ(@akirarockj)です。

大好きなロックバンド・mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)が『▷ (Saisei)』のMusic Videoを公開しました。

この曲もmol-74の持ち味である凛とした透明感が凄い。mol-74の透明感がまた進化しています。

2018年、いよいよ邦楽ロックシーンの中心に殴り込んできそうですね。

スポンサーリンク

mol-74『▷ (Saisei)』 Music Video

イントロから鳴り響くベースと力強いバスドラムに相反するような細く儚いボーカルの対比で一気に曲の世界へ誘ってくれます。

Aメロ、Bメロからサビへ続く静かにでもしっかりと燃え上がるような盛り上がり方が秀逸ですね。

夜から朝になる時間変化を感じることができます。

仄暗い夜から朝の光が差し込むようなイメージが明確に浮かび上がってくる感じですね。

まさに、曲のタイトルである『▷ (Saisei)』、そして朝の凜とした透明感を耳で感じることができます。

このように情景がしっかりと浮かぶような曲を書けるアーティストが今どれだけいるでしょうか。

mol-74の凄さ、そして進化を改めて感じました。

とてもいい曲なのでぜひリピート再生してほしいと思います。

スポンサーリンク

mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)

【バンドメンバー】
ヴォーカル&ギター、キーボード:武市和希
ギター:井上雄斗
ベース:高橋涼馬
ドラム:坂東志洋

バンド名「mol-74」の読み方は”モルカルマイナスナナジュウヨン“。
“モルカルマイナスナナジュウヨン”と読みます。大事なことなので2回書きました。

初見では100%読めないバンド名ですよね。最初バンド名を見たときはモルナナジュウヨンだと思いました。

mol-74は京都発の4人組ロックバンド。

「RO69JACK 14/15」で入賞を果たし注目を集めました。

mol-74の楽曲の魅力は美しくて儚いメロディーと細くどこか妖しく危うい武市和希のヴォーカル。この2つが絶妙のバランスで混じり合っていのがこのバンドの魅力です。

彼らのキャッチコピーは

脆く、儚く、美しい。そんな音楽を。

実に的を射たフレーズですね。

スポンサーリンク

mol-74 new mini album「▷ (Saisei)」

(Saisei)

  1. ● (Fanfare)
  2. ▷ (Saisei)
  3. ▷▷ (夜行)
  4. | | (Frozen Time)
  5. ◁◁ (瞼)
  6. □ (StarT)

今回取り上げたmol-74の新曲『▷ (Saisei)』は2018年1月17日にリリースされるnew mini album「▷ (Saisei)」に収録されている。
他の曲もきっと素晴らしいと思うので気になったらぜひ手にとってもらいたい。1枚2,052円とお買い得。

スポンサーリンク

mol-74のオススメ曲

今回、mol-74を初めて取り上げたのでこれまでにリリースされた曲からオススメの曲をピックアップしました。
ぜひ聞いてみてください。

mol-74『グレイッシュ』

mol-74『赤い頬』

mol-74『hazel』

mol-74『light』

mol-74『エイプリル』