auのCMソング、yonige『笑おう』のMVが公開!2018年、一気に知名度を上げることができるか?

歌を歌ったアーティストが続々と出世するau三太郎シリーズのCM。2018年1月からyonige(よにげ)の『笑おう』が起用されている。
全国的には無名のバンドだと思うけど、いきなりの大胆起用。2018年、yonigeが一気にスターダムを駆け上がるかもしれない。

スポンサーリンク

yonige

バンド名yonigeはそのままローマ字読みして「ヨニゲ」。
ボーカル&ギター・牛丸ありさとベース・ごっきんのガールズバンド。元々はドラムもいたけど、現在は脱退して二人で活動している。

2017年9月にワーナーミュージックジャパンのレーベルunBORDEよりメジャーデビューを果たす。
代表曲の「アボカド」は邦楽ロックが好きな人や、YouTubeで音楽を探している人なら聞いたことがあるかもしれない。彼女たちのキラーチューンだ。

yonige『アボカド』 Music Video

2018年1月末時点でYouTubeの再生回数が500万回を超えている。
アボカドを投げつけるという歌詞や牛丸の独特な歌声にはかなりの中毒性がある。あと、サムネイルのピンクの髪の牛丸もめちゃくちゃ目を引くよね。

すでにある程度の知名度と人気を獲得していて、2018年にきっかけがあればドーンと売れて全国区のガールズバンドだなと思っていたら2018年1月にいきなりauのしかも三太郎シリーズのCMソングを担当していて驚いた。これ、きますね。yonige、2018年に売れる。

スポンサーリンク

yonige『笑おう』 Music Video

すでにCMが放送されているので歌っているバンドがyonigeということを知らずに聞いたことはあるという人は多いのではないだろうか。
アメリカの黒人霊歌の一つ「聖者の行進」のメロディーに乗せて正月笑いについて歌っている。

ちなみに2017年1月に同じようにau三太郎シリーズのCMソングを歌っていたのが、2017年大活躍で12月には紅白歌合戦にも出演したWANIMAだ。
au三太郎シリーズのCMソングは他にも桐谷健太が歌って大ヒットした「海の声」、菅田将暉の「見たこともない景色」などヒット曲ばかり生み出している。
yonigeも必然的に注目されるだろう。

WANIMA「やってみよう」 Music Video

2017年1月時点ではWANIMAも邦楽ロックファンの間では超有名バンドだったけど全国的にはまだまだ無名だったと思う。
それがこのCMをきっかけに知名度が上がり、最終的には紅白出場という大きく飛躍を遂げる年となった。

CMソングを担当した時点での人気度はフェスなどの担当ステージを見るとさすがにWANIMAの方が上だった。
逆にいうと、知名度がない中での大抜擢なので、yonigeって誰? 他にもいい曲あるじゃん!というきっかけづくりには最高だったのではないかと思う。

yonige、今のうちに知っておくと、年末にドヤできるかもしれないですね。

それはさておき、注目のガールズバンドなので、邦楽ロックが好きな方はチェックしておきましょ。