MOSHIMOの新境地『電光石火ジェラシー』が素晴らしい|ライブで絶対に盛り上がる名曲【おすすめの1曲】

MOSHIMO

邦楽ロック案内人のアキラ(@akirarockj)です。

以前よりこのブログでもよく登場している女性ボーカルバンド・MOSHIMOの「電光石火ジェラシー」がとても良かったので紹介させてください。

これまでのMOSHIMOの曲の基本線を押さえながらさらに一歩先に進む曲です。

聞いてほしい!

スポンサーリンク

MOSHIMO『電光石火ジェラシー』Music Video

MOSHIMOの曲の魅力は女性目線でモテる男や女を皮肉った歌詞と2000年代のパワーポップロックと2010代の4つ打ち+裏打ちダンスビートを融合したようなハイブリットでキャッチーなメロディーラインです。

MOSHIMOの曲を聞くと、アジカン、KANA-BOONあたりが頭の中でちらつきます。

『電光石火ジェラシー』もこのMOSHIMOの曲の基本線をしっかりと押さえています。

2番目の女性目線で彼氏と本命の彼女について描いた歌詞、裏打ちのビートが印象的でノリやすくキャッチーなメロディー。

MOSHIMO全開の素晴らしい曲なのですが、『電光石火ジェラシー』にはさらなる仕掛けがあります。

それがサビで出てくる合いの手。

これは今までのMOSHIMOの曲ではあまりないパターン。

この合いの手がものすごく楽しい。

アウトー?セーフ?よよいのよいよい!!

ってまぁ、野球拳なんですけど、これライブでみんなでやったら絶対に楽しいやーつ!!

こういう合いの手の入った曲は2010年代後半の流行りですよね。

あのBUMP OF CHICKENでさえ、『虹を待つ人』のサビはライブを見にきた観客に歌えって煽るくらいバンドと観客の一体感を大切にしています。

MOSHIMOも『電光石火ジェラシー』の合いの手でライブの一体感をさらに増す作戦なのでしょう。ライブバンドとして力をつけてきているのだと感じました。

また、サビを1回聞けばすぐに覚えてしまうくらいキャッチーなメロディーと合いの手なので、フェスとかにも向いてますね。

MOSHISMO、今年の年越しフェスとかでさらに人気でちゃうんじゃない?

ぜひ、ライブを観る機会があったら一緒に歌ってきてください。

絶対楽しい!

MVはボーカル&ギター・岩淵紗貴さんが頑張って演技している後ろでメンバーの男性3人がめっちゃ楽しそうに演奏してるのが面白い。

わかる、楽しい曲だからその気持ちはわかるけど、3人とも曲を楽しみすぎだ(笑)

ドラム・本多響平さん叩き方とステッィク回し、好き^^

そしてMVの最後、どうなるのか気になります・・・ちょっとしたサスペンスじゃん・・・

ネットの反応

  • MOSHIMOらしいテンポの曲
  • MOSHIMOのこの曲調ほんと好き!
  • めっちゃカッコイイ…惚れる…
  • みんながノレるから良いとおもいます!
  • 絶対ライブでこの曲めっちゃ盛り上がるやつやん!
  • はいすき。曲も声もテンポもサビの感じも全部すき。
  • MOSHIMOっぽさを維持しながらのロックチューン!カッコ良すぎですわ
  • このロックの雰囲気ありながら歌詞の内容がちょっとメンヘラっぽいのがたまらん
  • 歌詞似とる曲多くなってきたな
  • 毎回同じ曲にしか聞こえないんだよなぁ。
スポンサーリンク

MOSHIMO『電光石火ジェラシー』スタッフ

『電光石火ジェラシー』の監督、出演した俳優さんと女優さんのお名前です。

監督:加藤マニ

彼氏役:佐藤聖也

本命の彼女役:佐分利眞由奈

スポンサーリンク

配信限定シングル『電光石火ジェラシー』

『電光石火ジェラシー』は配信限定シングルです。

iTunesストア、Apple Music、spotifyなどのサブスクリプションで買ったり聞いたりすることができます。

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/1436147853?l=ja&ls=1&app=itunes

Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/1436147853?l=ja&ls=1

Spotifyだと無料で聞くことができるのでオススメです。