Halo at 四畳半が新曲『ユーフォリア』のMusic Videoを公開

注目の若手バンド・Halo at 四畳半が2017年9月20日にリリースする3rd ミニアルバム「Animaplot」から3曲目に収録されている『ユーフォリア』のMusic Videoを公開!
バンドとしてまた一つ上のステージに上がったような曲。これからどのようなバンドに成長するのか楽しみだ。

スポンサーリンク

Halo at 四畳半『ユーフォリア』 Music Video

歌モノギターロックバンドらしい、王道ど真ん中の曲という印象。明るいメロディーで音に包まれるような感覚になります。

『ユーフォリア(Euphoria)』とはイタリア語で「幸福感」を意味する言葉らしい。よく音楽雑誌とかで見る「多幸感に溢れた曲ですね〜」という感じだろうか。
正直、多幸感って言葉を使って曲の感想を書くの嫌いなんだけどね。幸せかどうかなんて人によるじゃんって思うんだ。でもきっとこの曲に対してはきっと音楽雑誌とかで「多幸感に溢れた曲ですね〜」という感想が出てくると思うので採用しておきます。

個人的には歌詞は幸せとは対極にあるような内容だと思います。歌詞の内容はとても好き。

千葉県佐倉市という出身地に引っ張られているけどやっぱり曲全体的にBUMP OF CHICKENっぽさを感じる。某音楽雑誌が運営するサイトで先日のバンプの幕張ライブレポを読んだけど、「多幸感に溢れるライブで〜」見たいな感想が書かれていたのでやっぱり曲の雰囲気は近いものがあるんだと思う。

声は全然違うけど。
声質的には最近のBIGMAMAとかMAGIC OF LiFE(旧・DIRTY OLD MEN)が近いかな。バンプ好きな人にオススメって以前書いていたけど、今回の曲だと特にMAGIC OF LiFEが好きな人は気にいいるんじゃないかな。
そもそもDIRTY OLD MENとしてCDをリリースした頃はバンプ好きにオススメって推されていたので結局はHalo at 四畳半もバンプ好きにオススメってことだね。

せっかくなのでBIGMAMAとかMAGIC OF LiFEの曲も載せておきます。気に入ってくれらた嬉しい。

BIGMAMA『CRYSTAL CLEAR』

MAGIC OF LiFE『線香花火』

話が逸れましたが、Halo at 四畳半はCDをリリースするたびに、バンドアンサンブルとか曲構成とかがどんどんレベルアップしていてる。今回の曲でもバンドはさらに逞しくなったと感じた。
ただ、ここからさらに上のステージを目指すのであればHalo at 四畳半としての尖った個性(歌詞とか、圧倒的なメロディセンスとか)が欲しくなってくるかなとも思う。メジャーで活躍するバンドにを目指すならばね。
アルバムを聞いたらまた感想変わるかもしれないけど。

Halo at 四畳半のこれからに期待したい。

スポンサーリンク

3rd ミニアルバム「Animaplot」

  • クレイマンズ・ロア
  • ステラ・ノヴァ
  • ユーフォリア
  • 劇場都市
  • 発明家として
  • トロイカの箱
  • 点描者たち

7曲入りのミニアルバム。9月20日発売のでフラゲした人はもう聞いているかな。
今日は仕事が忙しくて買いに行けなかったので明日タワレコに行ってこようと思う。
Halo at 四畳半がどんな音を鳴らしているのかとても楽しみだ。

コメント