アジカンの『ホームタウン』は魅力が濃縮されたが1曲|感想&口コミ・評価まとめ【おすすめの1曲】

ASIAN KUNG-FU GENERATION ホームタウン

邦楽ロック案内人のアキラ(@akirarockj)です。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが2018年12月5日リリースのアルバム『ホームタウン』からアルバムタイトルにもなっているリード曲『ホームタウン』のMVを公開しました。

アジカンらしいパワーポップのロックナンバーでこれまでのキャリアで積み重ねてきた魅力を凝縮した素晴らし1曲だった。

やっぱアジカンスゴイわ。最高。大好き。

今回はアジカンの魅力たっぷりの『ホームタウン』を感想や口コミを交えてご紹介いたします。

スポンサーリンク

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ホームタウン』Music Video

かれこれ15年くらいASIAN KUNG-FU GENERATIONの音楽を聴いていますが、『ホームタウン』を聞いて最初の感想は”アジカンのこれまでのキャリアで培ってきた経験や技術を注ぎ込んで作られた曲”でした。

イントロ〜サビ手前は『Wonder Future』以降のエッジの効いたギターとシンプルだけど力強いバンド演奏を軸としたロック。

最近のアジカンを踏襲した曲かと思いきやサビでいきなり2nd Album『ソルファ』の頃のポップ感を取り戻します。特にイメージするのが『ループ&ループ』。

サビのグルーヴ感たまんねぇ。

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ループ&ループ』Music Video

かと思うとCメロ〜サビで『サーフ ブンガク カマクラ』の頃の癖のあるポップロックの音が鳴りました。

ASIAN KUNG-FU GENERATION『藤沢ルーザー』Music Video

やっぱり、『ホームタウン』は”街”がテーマの1つなのでそのあたりに共通点を感じるのかもしれないですね。

『ホームタウン』は初期の頃の懐かしさ、『サーフ ブンガク カマクラ』の頃のポップロック感、そして最近のエッジの効いた骨太なロックとこれまでのアジカンのキャリアで培ってきた音がギュッと濃縮された1曲でした。

また、「俯いてちゃ将来なんて見えない」って歌詞の切れ味が鋭すぎてもうエンドレスリピートです。

アジカンの歌詞って例えばバンプとかと比較すると言葉の量が圧倒的に少ないのにメッセージがドンッと伝わるんですよね。

この言葉の切れ味の鋭さがアジカンの魅力だと再確認できました。

非の打ち所のない1曲です。

もうね、エンドレスリピート。

ネットの反応

  • WonderFutureを経たサウンドでカマクラ路線のループ&ループって感じの曲
  • 最近のアジカンぽさと今までの「アジカンと言えば」みたいのがうまく合わさってると思う
  • カマクラみたいなパワーポップ
  • 新曲なのに学生時代の若々しい気持ちが蘇った。とても元気をもらえる曲。
  • やっぱりアジカンの曲はくせになるなあ。気付けばリピートしてる。
  • 最近落ち着いた曲が多かったから、ポップな感じが嬉しい
  • ああもうまた中毒始まってまうやん…
  • 歌詞が今までのアジカンの総集編って感じ!めっちゃ好き!!
  • リズム隊の音凄いすね。特にドラム響きが良い感じ
  • 組体操するアジカンが見れる日が来るとは・・・

全く同じ感想の人がいました。やっぱりそう思うよね〜(笑)

四つ打ちパワーポップでロックに磨きがかかったアジカンってもう無敵ですね。

スポンサーリンク

ASIAN KUNG-FU GENERATION 9th Album『ホームタウン』

ホームタウン(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

アルバム『ホームタウン』はシングル『荒野を歩け』『ボーイズ&ガールズ』を含む10曲入りのアルバムです。
初回限定生産版は”DISC 2″にCD「Can’t Sleep EP」、”DISC 3″にライブドキュメンタリーDVDが付いてきます。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONによる3年6カ月ぶりとなる待望のニューアルバム「ホームタウン」のリリースが決定!

彼らの得意とするパワーポップの楽曲がそろった今作は、まさにASIAN KUNG-FU GENERATIONのかえるべき場所“ホームタウン”と呼ぶべき作品となっている。

収録曲には先行シングル「ボーイズ&ガールズ」、アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の主題歌「荒野を歩け」ほか、WeezerのRivers Cuomo、Butch Walkerが作詞・作曲に携わった「クロックワーク」、同じくWeezerのRivers Cuomoが作詞・作曲に携わった「ダンシングガール」を含む計10曲が収録。

初回生産限定盤に付属するCD「Can’t Sleep EP」には、FEEDERのGrant Nicholasが作詞・作曲に携わった「Sleep」、ストレイテナーのホリエアツシ(Vo, G, Piano)が作曲を手がけ、ボーカルでも楽曲の一部に参加した新曲「廃墟の記憶」、THE CHARM PARKが作曲を手掛けた「はじまりの季節」を含むバリエーション豊かな5曲を収録。

「荒野を歩け」「ボーイズ&ガールズ」「生者のマーチ」は最新ミックスにて収録。

初回生産限定盤付属DVDには昨年行われたアメリカツアーより南米編のライブや海外ファンの私生活を追いかけたライブドキュメンタリーを収録。

引用:http://www.asiankung-fu.com/disco/archive/?KSCL-3121

【収録曲(DISC 1)】

  1. クロックワーク
  2. ホームタウン
  3. レインボーフラッグ
  4. サーカス
  5. 荒野を歩け
  6. UCLA
  7. モータープール
  8. ダンシングガール
  9. さようならソルジャー
  10. ボーイズ&ガールズ

【初回限定生産版(DISC 2)】

  1. スリープ
  2. 廃墟の記憶
  3. イエロー
  4. はじまりの季節
  5. 生者のマーチ

【初回限定生産版(DISC 3)】

  1. ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)

ASIAN KUNG-FU GENERATION『荒野を歩け』Music Video

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ボーイズ&ガールズ』Music Video

アルバム、楽しみです。

初回限定生産盤についてくる「Can’t Sleep EP」も気になりますね。

参加アーティストが豪華!

発売は2018年12月5日です。